社会貢献

海洋化学が考える社会貢献とは

「人の体、本来の強さを取り戻し、明るい未来に繋げていきたい」

私たち海洋化学は、海洋ミネラルの可能性を追求している会社です。
それは、現代のミネラル不足により、人間が本来持っていたはずの免疫力や機能が上手く働かず、アレルギーや病気に苦しむ人たちの助けになりたいと強く願ってきたからです。

病気の人だけでなく、健康な人でも、ミネラルを正しく摂取することで、体はより良いコンディションになります。
また近年では、東北の被災地、とくに放射能の影響を受けた地域の方々で、健康被害を心配される方々にとっても、ミネラル補給は大変有効な予防策です。

海洋化学では、事業を通じて蓄積してきた知識や技術を広く普及することで、未来の明るい社会に貢献していきたいと考えています。

活動紹介(抜粋)

エイチ・エス・アシスト(株)により被災地の方々にミネラルサプリメントを贈呈
エイチ・アイ・エスの創業者である澤田会長にご賛同いただき、福島の被災地で放射線被害を心配されている妊婦さん、子供さんを中心に、ミネラルサプリメント「こどもの未来」2万袋を無償配布いたしました。
宮城復興支援センターにMCMを贈呈
被災地の方々のストレス緩和、体調維持に役立てていただければ、という願いを込めてMCMを無償提供。
社団法人日本トライアスロン連合との取組み
2010年4月から「社団法人日本トライアスロン連合」は、スポーツ科学に対して海洋ミネラルMCMの新たな有効性を考察する、ナショナルチームのトップアスリートの方々とスポーツ科学の見地から実証プログラムを始めています。
各種セミナーの開催
ミネラルの正しい知識と必要性を知っていただくための各種セミナーを開催しています。
各種健康推進事業への協賛
スポーツイベントや健康推進事業に対して、支援、協賛を行っています。
ジュニア・アスリート支援
トライアスロン、体操、スポーツアスリートをはじめジュニア・アスリートの支援はMCMグループの重要なテーマです。海洋ミネラルMCM愛用者の16歳の桜井孝太郎選手(BMW契約ドライバー)やジュニア・アスリートの育成に海洋化学グループが貢献していく取組みが始まっています。

社会貢献

あなたの知らないミネラルのチカラ 今話題の腸内フローラにも関係するミネラルの本当のチカラとは?詳しくはこちら