特許・論文・研究発表

論文

海外

1996年
Immunomodulation of Human NK Cell Activity by MCM, A Crystallized Mixture of Minerals and Trace Elements From Sea Water
アメリカの医学雑誌[NUTRITION RESEARCH]に論文掲載、発表。ヒトナチュラルキラー細胞の生体内免疫活性化に対するMCM、微量元素結晶体の効果
Mamdooh Ghoneum 博士(ロスアンジェルス市、ドリュー医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍科)&小椋武博士
2008年
Marina Crystal Minerals (MCM) Induce Apoptosis of Human Metastatic Breast Cancer MDA-MB-231 Cells in vitro.
がん治療の新概念。がん細胞のアポトーシスを誘発し、ヒトがん細胞を自然死させる抗がん剤の効果を高めるMCM の作用。ゴーナム博士&小椋武博士
2009年
New Concepts for the Treatment of Cancer. Marina Crystal Minerals (MCM) induces apoptosis in cancer cells and sensitizes human cancer cells to chemotherapy-induced apoptosis. 
MCMが乳がん治療。がん細胞のアポトーシス(細胞の自殺)を誘発する作用。 Mamdooh Ghoneum 博士(ロスアンジェルス市、ドリュー医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍科)& 小椋武博士 & Sastry Gollapudi(カリフォルニア大学アーバイン校)
Susceptibility of the human LNCaP prostate cancer cells to the apoptotic effect of marina crystal minerals (MCM) in vitro.  
Mamdooh Ghoneum 博士(ロスアンジェルス市、ドリュー医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍科)& 小椋武博士 & Sastry Gollapudi(カリフォルニア大学アーバイン校)

国内

発表論文は40本以上に及びます。

1997年
「ストレスと免疫 (MCMによる抗ストレス効果)」
小椋武(海洋化学研究会)& 藤井聡(山形大学医学部神経機能統御学)
1998年
「病は気から」の科学
小椋武 & 藤井聡
2000年
「MCM による生体機能活性化効果」 
小椋武 & 藤井聡
2001年
「実験糖尿病マウスに対する海洋ミネラルの効果」「日本医事新報」別冊1994年
小椋武(基礎腫瘍学研究会腫瘤研究所)& 水野斎司(東京品川区、愛光病院長)& 藤井聡(杏林大学生化学)
2003年
「がん治療における新しい概念」
小椋武